2009年09月24日

リゾートコンサート、大成功に感謝!

あの素晴らしいリゾートホテル、福島、プルミエーレ箕輪での昨年に継ぐ僕の第二回リゾートコンサートはお陰様で大成功!ピアノ伴奏の伊藤康英、そして前座を勤めてくれた4つの合唱団の皆様、ご協力を本当に有難う御座いました!皆さん以外にも来年は是非一緒に歌いたいという方々が聴いていた方の中におられます。磐梯山を窓外に臨むホテルで、温泉につかり、プールで泳ぐ、骨休みをする時間を来年はもっと取れるように考えましょう。鶴ヶ城、飯盛山、明治始めのロマン、いかがでした?
posted by opera-okamura at 20:12| Comment(0) | 日記

2009年09月19日

くだらない犯罪人

酒井規子とかいうタレント・女優の名前を、彼女が禁制薬物を吸ったということでマスコミが騒ぐので、初めて知った。たかがくだらない一犯罪人のことを何故こうも騒ぐのか!世に警鐘を鳴らすというのならいいのだが、井戸端会議のように、興味本位で、体の彫り物をメークで隠していたの、涙をぬぐったのは一分も経ってからだのと騒ぎ立てるだけなのは、社会の公器としてのマスコミ活動の範囲を逸脱して、人間の下劣な興味に訴えて商売にしようとしているだけではないか!
posted by opera-okamura at 23:14| Comment(0) | 日記

2009年09月08日

夏季休暇

ヨーロッパの人々は最低1ヶ月、普通は6週間の夏休暇をとる。彼らは休暇のために働いている。働くために休暇を取って鋭気を養うのではない! 好きなことをやる休暇を楽しみにして働いているのだ。だから、夏は何が何でも休む。1週間の連休が長い、などと言っている日本人とは根本的に人生観が違うのだ。しかしこれが彼我の仕事の契約時にひっかかると大変困ることになる。今の僕がまさにそれだ!プッチーニフェステイヴァル財団は後1週間しないと仕事に戻らないので、それまでに、彼らと一緒にやる計画は一向に進まない。こっちは総てを整えて待っているのだが、皆目連絡が取れないのだから、どうしょうもない!ーー今発表できるのは、10月31日(土)14:00より九段のイタリア文化会館で、「日本文化と”マダマ バタフライ”」というシンポジウムを、ドナルド・キーン、立花隆、フランコ・モレッテイ(プッチーニフェステイヴァル財団総監督)、小倉和夫(国際交流基金理事長)、そして小生でやるということである。入場料は一般3000円。当NPO事務局扱い。
posted by opera-okamura at 10:04| Comment(0) | 日記