2011年03月26日

舞台模型== マダマ バタフライ、日本誤認歌詞改定版での世界初演

5b9fcd38.jpg

aa9066b5.jpg

f2e34b99.jpg

第57回プッチーニフェステイヴァル、今年8月6日(土)、11日(木)、18日(木)、の3回公演。開演いずれも21:15。 「マダマ バタフライ」の原作台本中、日本を誤認した歌詞を世界初に訂正した版での世界初演。プッチーニフェステイヴァル財団とNPOみんなのオペラ共催、日伊合同公演。 日本側:二宮咲子(蝶々さん)、すずき(末広貴美子)、高橋淳(ごろー)、芸者9名==いずれも昨年の東京における国際オーデイションで選抜==、岡村喬生(演出)、千地泰弘(衣裳)、川口直冶(美術。 イタリア側:指揮者・ピンカートン・シャープレス・ケート、ぼんぞー、やまどり、合唱、他は近日発表。ーーー添付写真のimg054は第一幕前半、結婚式の後まで。昼のシーン。img055ではその後の夜のシーン。後方に湖が現れ、対岸の灯とイルミネートされた船が見える。img056は第二・三幕。3枚共にカーテンと本棚のあるスタジオで今年2月に撮影。実物の30分の1。===全3公演それぞれを鑑賞するツアーが幾つか出ます。お問い合わせ:木頃泉/03-5298-1784。
posted by opera-okamura at 10:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: