2011年06月22日

ストラデヴァリウスと歌

12億7500万円!ーーヴァイオリンの名器として名高いストラデヴァリウスを所有する日本音楽財団がロンドンで競売に出し、その落札値である。全額、東日本大震災支援に当てられ、ストラデヴァリウスの過去の最高値の4倍の値段だそうだ!!−ストラデヴァリウス(1644〜1737)はクレモナで工房を開いた名匠だが、アマテイを師にし、同時代にグアルネッリという弦楽器制作の巨匠がいる。このクレモナの人たちが名器を作成した頃は、オペラが商業都市ヴェネツィアで大発展を遂げ、ヴィルトウオーゾ/名匠、という代名詞を貰ったカストラートたちがそのセックスを代償に得た華麗な歌唱テクニックでオペラ座の人気を浚っていた時代。ストラデヴァリウスたちは名楽器制作のために貸カストラートなど名人の歌唱技術を学び、それを取り入れて弦楽器をつくった。ーー素質のありそうな声変わり前の男の子を去勢し創った、人工の女声をカストラートという。−−だから、ヴァイオリンもヴィオラもチェロもコントラバスも、みな、人体と同じように、弦を弓で擦る箇所、人体では二枚の声帯を擦る喉、が中心になり、そこで発した音、人体では声、を上部の反響体、
人体では頭部、と下部の反響体、人体では胸部、に響かせるように弦楽器を創ったのである。−−ちなみに幾ら楽器が高価でも弾く人の腕が悪ければロクな音は出ないように、いくら去勢をしても、訓練をさぼっていては、ろくな歌声は出てはこなかったのも同じである!
posted by opera-okamura at 21:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: