2011年09月30日

ピンカートンの性格の変遷

アメリカ海軍士官ピンカートン、対、日本の15歳の半玉芸者蝶々さん。世界の大国にのし上がったアメリカの海軍士官の日本人に対する傍若無人な態度、対、蝶々さんの無邪気な少女らしいうぶな態度。この対比が上手くできると、オペラ「マダマ バタフライ」第一幕の目的は、日本という、鎖国を解いて世界に出たばかりの珍しい国と人々の描写を除けば、達せられたことになる。1904年2月のスカラ座での初演の楽譜の印刷された版はないが、初演ではピンカートンは馬桶に入った日本の酒を持ってこいだの、日本のシロップ漬の蜘蛛の巣、だのに言及し、下男たちを畜生づらと呼び、などの、自分の許嫁・蝶々さんの国やその風習を馬鹿にする言葉を吐く。これらが初演の後、僅か3ヶ月後にブレーシャでおこなわれた再演ではなくなっていた。つまり、ピンカートンは少しは良い人間となった。この作業が、その後続いたロンドン、パリでの再演では続き、ピンカートンの性格は良くなり、小国の女性の鑑のような蝶々さん、対、大国の男性の愚かなピンカートン、の原作者たちが考えた図式は消えた行ったのである。
posted by opera-okamura at 13:06| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: