2012年03月01日

震災の壁新聞=3月1日 記

ラジオのスイッチを入れると村野キャスターらしい声。石巻のきび新聞というたった6人という地方紙の報道部長の大震災を振り返った話に聞き入った。ラジオ深夜便、
聴覚にだけに神経を集中させ、朝の04:05という人々の寝静まった中で、想像力を逞しくさせるひととき。最も良い話を聴ける番組である。他に全く情報の無い震災
直後の手書きの壁新聞が如何に被災者の頼りになったことか!ピューリッツアー賞ものの大新聞の記事には出来ないことをやった地方紙に心からエールを送る。
posted by opera-okamura at 12:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: