2012年03月25日

想い出のネルソンミサー2 =3月25日 記

あの日は晴れだっおた。我々ケルン組はテルアビブ近郊のヘルツリア海岸のリゾートホテルのプールサイドに寝そべっていた。イシュトヴァン・ケルテス(指揮。ケルンの音楽総監督。ユダヤ系)、ルチア・ポてップ(ソプラノ。ユダヤ系)、イルゼ・グラマツキイ(メゾ。ドイツ人)そしてバスの僕、の4名である。それまでの4回のネルソンミサの大成功に4名はみな上機嫌。イスラエルの誇るイスラエルフィルの定期の中でも傑出した出来だ、とおだてられ、イスラエルフィルに客演するアーテイスト達の為のテルアビブ市内のゲストハウスから地中海の海岸に出てきたのである。−−どんな一流ホテルも及ばない音楽家向きの宿泊施設がこのゲストハウス。世界中からのユダヤ系を主とした演奏家の為に、ヘブライ語以外に��!
�独仏伊をネイテイヴの発音で話す中年の女性が執事で、数名のボーイ、コックが数室しかない泊り客のためにたえず控えている。各室の冷蔵庫内は取り放題ですぐに補充される。ケルテスの泊まる指揮者の部屋はユダヤ人が誇る大ピアニスト、ルビンシュタインの間と名前がつけられ、小編成のオーケストラ用の練習室とシュタインウエイのフルコンサートピアノが置かれ、廊下には、アントン・ドラーテイが寄贈した純金の縁に飾られたブラームスの、世界に一枚しか存在しない原写真がけいけいとまなこを光らす。ーーというこの上無い待遇だった。ーー次号に続く。
posted by opera-okamura at 13:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: