2012年04月15日

虫の知らせ =4月15日 記

数日後、今は平穏に波打つ人気のない海に浚われ、あたら持って生まれた指揮者としての世界的才能を散らすことになる、
などとはつゆ知らず、ケルテスは僕と砂上で語り合っていた。世界の火薬庫中東。その中でイスラエルだけは、飛行場、国境線、
など、廻りのアラブ国家と接する場所は厳重の上に厳重な警護下に護られていたが、その中は、ヨーロッパの平和な町のたたずまい。
国境から見ると外は茫々荒涼たる砂漠なのに、こっち側のイスラエルは緑の木々と畑に覆われ、ビルや瀟洒いすらえるな建物が立っている。
まさに世界7不思議の一つだった。「せっかく築き上げてきたキャリアーも、一瞬の油断で消し飛んでしまうな!気をつけないといかん」。
イスラエル軍の隊列の中の一台のジープが崖から転落し何人かの死者を出した事故のあとを振り返り、彼が述懐したのは、あれは虫の知らせ
だったのだろうかーー次号に続く。
posted by opera-okamura at 22:25| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
おかげさまで会員様数10万人突破!!
Posted by Love Memories at 2012年05月08日 02:30
数年前イタリアに滞在した折、オペレッタを聴きに教会に行きました。そこでイスラエルからの盲目の難民の方にあいました。白髪で背筋をぴんと伸ばし、支援の方々の用意したクッキーやコーヒーを一緒に頂きました。国を出られてから数十年、一度も故郷の土を踏むことがなかったとは、どのような人生だったのだろうか。などと考えているうちに取りつかれたように、『聖女の罪と罰』を書きました。『蝶々夫人』『ワルキューレ』『死の都』などを織り込んであります。
映画で再現されたらいいなと思っております。
Posted by 碧千塚子 at 2015年02月13日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: